正しいことを言うときこそ、慎重に。


明らかに相手が間違っていて自分が正しいと思っていることを相手に伝える時に、一方的に非難っぽい注意をしてしまうことがあるかもしれません。

自分自身、過去には相手が間違っていると思っていることが多く、一方的に相手が悪い体で注意をしてきたことが何度もあります。その時には「言うことはわかるけどそんな言い方しなくても」とよく言われたものです。

自分が正しいと自信があることは、わりと強気で言うことがあると思います。そう思うことでも、誰に対しても絶対に正しいということはまずなく、誰かには当てはまらないとかその時の状況では当てはまらないということもあります。

仮に自分が正しくて相手が間違っていたとしても、それが正しければ正しいほど、強く言うことは相手を追い込むことになります。ちゃんと相手にも反省や振り返る隙を作ってあげないと、どれだけ正しいことであっても反感を買うだけです。

正しいと思っていることをいう時には「相手を傷つけないように」「口調や表情は穏やかに」「相手の話も聞く」ということを心がけていきましょう。

今日もいつもと同じ一日のように何事もなく無事に終えれるように、安全絶対!健康第一!最高品質!で明るく元気な挨拶と思いやりある行動で、ありがとうがいっぱい集まる仕事をしていきましょう!

今日も楽しんでいくぞー!おー\(^O^)/

今日もよろしくお願いします!

 

 

 

カワキタチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UClnt5cs5fxPGBqxQc29bRSA

 

津、鈴鹿、亀山、中型・大型トラックドライバー、正社員求人、未経験者優遇、働き方改革推進中!

採用サイト https://www.shigoto-damashii.com/

お気軽にコメントください

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。