『教えてあげる』と思うとおごりになる。『教えさせてもらう』と思うと、自分の復習になる。


自分ができるようになっても、それを人に教えて相手に理解をしてもらうというのは難しいことです。誰もに同じような教え方をしても同じようには伝わらないので人によって教え方も変えなければいけません。教える内容以外にも、相手がどこまで理解したか、どういう伝え方が伝わるのかなど、観察力も必要になってきます。

自分ではできても人に教えていると自分がまだ理解できていなかったり、あやふやなところがあることにも気がつきます。そういうところも明確にしなければいけないので、自分自身も理解度が深まり仕事の質や精度も上げることができます。

教える方のが偉い感じがしますが、教えることで一番成長するのは教える本人です。長い目で見た時、自分ができるようになる以上に人に教えていくという期間の方が長く、ある意味ずーっと続きます。定年になって引退したとしても、生きている限り子供や孫や後輩達に何かは教えていくことになります。

後輩ができるというのはもう一段成長するタイミングです。教えられるよに身につけてドンドン教えさせてもらいましょう。

今日もいつもと同じ一日で何事もなく無事に終えれるように、安全絶対!健康第一!最高品質!で明るく元気な挨拶と思いやりある行動で、ありがとうがいっぱい集まる仕事をしていきましょう!

今日も楽しんでいくぞー!おー\(^O^)/

今日もよろしくお願いします!



 

 

 

津、鈴鹿、亀山、中型・大型トラックドライバー、正社員求人、未経験者優遇、働き方改革推進中!

採用サイト https://www.shigoto-damashii.com/

お気軽にコメントください

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。