『便利』に頼れば、失うものがある。便利は人を鍛えない。


昨年から自宅近くの駐車場を整備していますが、そこに井戸があって、この前、中の水をすべて汲み上げたんですが、また水が湧いてきたので井戸用の手動のポンプをつけようと思っています。

その駐車場は薪ストーブ用の薪置き場としての役割もあります。薪を燃やそうと思うと、少なくとも一年前から薪の準備をしなければいけません。どこかで木を切ってきて細かくして乾かして一年後に薪として使えます。

みんなの年代で、井戸で水を汲んでかまどで米や煮物をしたり、お風呂を薪で沸かしたりという経験は無いと思いますが、40年くらい前の田舎なら、電気やガスを使いつつも、井戸や薪を使うということは普通にありました。

もっと前でいうと、そんなことが当たり前で、それこそ毎日のかなりの時間を洗濯してご飯を作ってということだけで使っていたと思います。先週の土曜日から土鍋でご飯を炊いているのですが、炊飯器のようにうまくはなかなか炊けません。今まではそんなことを考えたこともありませんでしたが炊飯器の凄さに気づきました。

電話もダイヤル式で電話番号もよくかけるところは覚えていたし、ある程度の計算はわりと暗算でできたり、漢字も今よりはすぐに出てきたものです。

便利に楽になることはいいことですが、そのために大切な何かを忘れている、無くしている気がします。

まずは何でも体力を使わなくてもできるので、昔の人より体は弱くなっています。根気や根性、我慢するということもできなくなってきています。何でもスマホやパソコンがあればできるので、記憶力や考える力が落ちてきています。

そして何よりも感謝する気持ちが薄くなってきていると思います。便利が当たり前すぎて、少し何かができない、何かがなくなるだけで、不安になったり文句を言ったりします。自分で努力して何とかするということよりも人を頼って人のせいにして何とかしてもらおうという気持ちが強くなっています。

不便だったから知恵を出して便利なものがいっぱいできて便利になっていますが、だからといって便利が当たり前ではなく、いつ不便になっても生きられるような力や知恵をつけていきたいものです。それを実感できれば自然と感謝する気持ちも生まれます。

時間に余裕があったら便利よりも不便なことをあえて選んでしてみましょう。

今日もいつもと同じ一日で何事もなく無事に終えれるように、安全絶対!健康第一!最高品質!で明るく元気な挨拶と思いやりある行動で、ありがとうがいっぱい集まる仕事をしていきましょう!

今日も楽しんでいくぞー!おー\(^O^)/

今日もよろしくお願いします!

 

 

 

津、鈴鹿、亀山、中型・大型トラックドライバー、正社員求人、未経験者優遇、働き方改革推進中!

採用サイト https://www.shigoto-damashii.com/

お気軽にコメントください

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。