切磋琢磨できる集団になろう!

うちのメンバーの中には、わざと人を困らせたり嫌がらせをするような悪い人は一人もいません。どちらかというと人のことを考え過ぎて自分を出せない人の方が多いと思います。

でも、わざとではないにしても、その人の行動や言葉、態度が相手に嫌な印象を与えたり、嫌な気分にさせることは、それぞれが自覚するよりも多いかもしれません。

本人にしたらよかれと思って言っていることややっていることが、実は相手には迷惑なことだったりということもあると思います。

嫌な想いをした人が、そのことをちゃんと相手に伝えれば、伝えられた相手も「気が付かなかった。ごめん!」ということになりますが、伝えずに放っておくことで、他の人にも同じような想いをさせていく可能性があります。

人に苦言や注意をするのは、決して気分のいいものではありません。言えば嫌な顔をされたり、その後険悪な関係になるかもと思うので、できれば言いたくないでしょう。でも、言わないことは本当に相手のためでしょうか?

人にちゃんと自分の気持ちを伝えられない人は、決して相手のことを思っている訳ではありません。言ったら自分がどう思われるかということを気にして言えないことがほとんどです。

自分自身も社長になってからでも言えない時期はありました。今でも100%言えるかといえば、少なからず気を使う場面もあります。

本当に相手のことを思うなら、思ったことはちゃんと伝えるべきです。仕事上でもやるべきことをやっていなかったらちゃんと注意していくべきです。

時間を置けば置くほど言いにくくなります。また、早くに伝えれば修正できたことも放っておくことで、その人にとってそれが当たり前になってしまい「もっと早く言ってくれればいいのに」ということになってしまいます。

切磋琢磨とは、傷のなめ合いや相手を甘やかすことではありません。誰でも注意をされることが少なくなると、油断して気が緩んでいくので、いいところは認め合い、悪いところは注意し合って、お互いが成長していく関係をいいます。

切磋琢磨できる集団を作っていきましょう!

 

 

ドライバー募集     http://www.shigoto-damashii.com/

トラックチャーター便  http://www.truck-charter.com/

三重・引越       http://www.mie-hikkoshiyasan.com/

鈴鹿・亀山・引越   http://www.hikkoshisurunara.com/