嫌なことは相手にちゃんと伝えよう!

いつも前向きに過ごしていると引きずるような嫌なことにはなかなか遭遇しませんが、それでも、楽しい出来事ばかりではありません。

嫌なことというのは相手が絡みます。誰かにされたこと、言われたことが自分にとっては嫌だったということです。

自分が嫌だと思っても相手に悪気がある訳ではないことは多々あります。やった側は無意識だったり、よかれと思ってやっていることもあります。悪く思っていないので放っておいたらいつまでも続きます。

相手の行為で嫌なことがあっても我慢する人がいます。そういう人はだいたい相手がどう思うかを気にする人が多く、どちらかというと思いやりのある人なんですが、我慢するということは、相手のことを思っているのではなく、自分が嫌な想いをするのが嫌ということです。

我慢すると相手のこともだんだん嫌になってきます。それは人の場合もあるし、会社という場合もあります。

思いやりというのは、相手のことを思うということです。相手の言葉や行動で嫌な想いをしたなら、それを相手にちゃんと伝えてあげるのが本当の思いやりです。

ちゃんと飲み込んで消化できるならいいですが、ちょっとでも残ることなら、相手に伝える努力をしていきましょう!



 

 

ドライバー募集     http://www.shigoto-damashii.com/

トラックチャーター便  http://www.truck-charter.com/

三重・引越       http://www.mie-hikkoshiyasan.com/

鈴鹿・亀山・引越   http://www.hikkoshisurunara.com/