矢印を自分に向ければ成長につながる

世の中には色んな人がいます。「えっ?」と思う行動や、心ない言葉を平気で人にぶつける人など「こいつ何考えとんのや!」と腹が立つ場合もあります。

でも、腹が立ったからと言って、相手にそれをぶつけたところで喧嘩になるだけで、相手を変えることはなかなかできません。

じゃあ我慢するのか?といえば我慢するというのとは違うと思っています。

我慢というのは「相手が悪い」と相手のせいにしている状態です。相手のせいにしているので愚痴も言いたくなります。自分自身もストレスになります。

相手ではなく、自分を省みる材料に使えば、腹が立つことはだいぶ少なくなります。

相手がそういう態度に出た原因があります。よくよく考えるともう少し配慮をしておけばそうはならなかったことも多々あります。そもそも近づかなければ済んだということもあります。

どうしても相手に伝えなければいけないこともあります。その時には怒りをぶつけるのではなく、相手に分かるように冷静に伝える必要があります。

相手の顔色をみて伝えられなかったとしたら、それは相手の問題ではなく自分の問題なので、ちゃんと伝えられるようになる必要があります。

カチンときたり、むかついた時はそれに同調する何かを自分も持っているということです。そこに気が付いて、自分に矢印を向けることができたら、ドンドン成長していきます。

イライラして人にあたるのは、もっともやってはいけないことです。そんな時は矢印を自分に向けましょう。



 

 

ドライバー募集     http://www.shigoto-damashii.com/

トラックチャーター便  http://www.truck-charter.com/

三重・引越       http://www.mie-hikkoshiyasan.com/

鈴鹿・亀山・引越   http://www.hikkoshisurunara.com/