光化学スモッグ


子供の頃はよく聞いた覚えがあるのですが、最近また、日本の各地で光化学スモッグが出るようです。
一説によると中国の影響があるということです。

今はどうか分かりませんが、5年程前に中国へ行った時は、昭和40年前後の日本のイメージでした。
あらゆるところが建設ラッシュで、地方から都会への出稼ぎが多く、人手はなんぼでもいるという感じ。
環境はどうより、とりあえずお金を稼ぐ・儲ける、そんな感じでした。

日本の中だけで環境を考えていても、あの広大な国土と人口で日本と同じ道を歩んでいったら、今言っている温暖化なんて比では無いくらいの影響がでると思います。
かといって日本人は今の生活のままで、中国の人には我慢しろなんて勝手な話は通用しません。
環境を考える時、本当の意味で地球規模で考える必要があります。
単に土地が安いから人件費が安いから他の国に工場を建てるのではなく、日本では環境に悪いからと言って使えなくしたトラックを他の国で使わすのではなく、日本よりきれいな環境を他の国に作るくらいの想いと行動をすることが先進国としての責任ではないかと思います。

日本から逃げることは出来ても、地球から逃げることは出来ません。
地球人としての視点を持たねばと思います。

お気軽にコメントください

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。