ネタ作りの時期


順風満帆、順調に平和に物事が進んでいる時は、物事をあまり深く考えない。
つまずいたり失敗したりして思い通りに事が進まなくなった時、深く考え何かに気づく。

悔しかった時、情けなかった時、自分を見失った時、孤独を感じた時、心が折れそうになる度合いが大きければ大きい出来事ほど、振り返ってみると、大きな転換点だった。

心が折れそうな時、それはきっと大きな気づきのチャンス。

普通の生活から、一転奈落の底に突き落とされ、そこから這い上がって、最後にはハッピーエンド。
そんなドラマや映画は、ハラハラドキドキしながらも最後は勇気と元気を与えてくれる。

成功した時のために、そこに至るプロセスはおもしろい方がいい。
今はネタの仕込み時。負けへんでー!

コメント

  1. 前島忠勝 より:

    ご無沙汰してます。
    ひょんなことから貴殿のブログに辿り着き拝見させていただきました。
    それで十数年前の懐かしい思い出を色々思いだしてしまいました。
    小生は今、EM菌から足を洗い炭素循環農法という無肥料栽培で4町歩の稲作をする百姓になりました。
    貴殿の変わらない情熱、大いに期待致します。
    顔晴ってください!
    小生も日本が無農薬国家になれるように、変わらない情熱で顔晴ります。
    また、どこかでお目にかかれる日を楽しみにしております。
    拙いコメントではありますが、送信させていただきます。
    ありがとうございました。

  2. kawakita より:

    前島さん、ご無沙汰しています!お元気そうですね!
    ようやく十数年前に目指していたことを形に出来る基礎ができてきたという感じです。
    あの頃の出来事や出会いがなかったら、今の自分はなかったと思っています。
    必ず我々が理想としている世界になると信じています。お互い上る道は違いますが、同じ頂上目指してがんばっていきましょう!
    またお目にかかれる日があることを楽しみにしています!

お気軽にコメントください

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。