何をしたかよりも、何のためにしたか。


言われたことを指示通りにするというのは仕事をする上で最低限必要なことです。ただ指示通りだけしかできないとイレギュラーに対応できません。

仕事をする上での行動には必ず結果が求められます。何らかの結果を出すために、最初に誰かがやってみたやり方を次に伝えたことが何かのやり方になっていきます。でも、そのやり方というのは変化が必要で、誰かにとってベストなやり方が他の人にもベストなやり方ではありません。

また、時代が変化したり時間が経過することで周りの状況や環境が変わります。求められる結果は同じでも状況が変わればやり方も変えなければ求められる結果が出せません。

現場で求められる結果というのはお客様の要望通りの仕事を事故なくトラブルなく無事に完了すること。事務所はお客様からの指示や要望を正確に現場に伝え、現場が間違っていることがあったら報告や修正をして元通りの結果につなげる。また、請求金額や支払い金額等を間違えずに入力するということも大切なことです。

最初のうちはまずは指示を理解して指示通りの仕事をする。指示通りの仕事が身についてきたら「なぜ何のためにこれをやるのか?」ということを考えて、同じ結果になるなら違うやり方を取り入れてみる。

誰もが目指すべきは、最低、相手の要望通りのことをちゃんとする。できれば要望以上の結果につなげて、相手の喜びや感動につなげる。

どんなことにでも「なぜ?何のために?それをするのか」という根本的な問いかけを自分自身にしながら仕事に取り組んでいきましょう。

今日もいつもと同じ一日の積み重ねで何事もなく無事に終えれるように、安全絶対!健康第一!最高品質!で明るく元気な挨拶と思いやりある行動で、ありがとうがいっぱい集まる仕事をしていきましょう!

今日も楽しんでいくぞー!おー\(^O^)/

今日もよろしくお願いします!

 

 

 

 

カワキタチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UClnt5cs5fxPGBqxQc29bRSA

 

津、鈴鹿、亀山、中型・大型トラックドライバー、正社員求人、未経験者優遇、働き方改革推進中!

採用サイト https://www.shigoto-damashii.com/

お気軽にコメントください

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。