サンタクロース


かつて、イブの夜の我が家にはサンタがやってきて、子供達の枕元にプレゼントを置いていってくれた。
たまには奥さまにも届けられた。
なぜか自分には届かなかったが・・・。

長女が社会人になると同時にサンタがこなくなった。
それが昨年。

「今年もサンタは来うへんやろなー。」と言う自分に、「おネエが社会人になったから来やんのは不公平やなー。下は損。」という次女と長男。
そう言われればそうだなと「サンタが来なかったら、お父さんがこづかいをあげよう」と自分。

イブの夜、長男がいたので「多分サンタは来そうもないでこづかいやるわ。」と渡しかけたら、「こういうもんは起きた時に枕元にあるでええんや。封筒でも何でもええで入れて置いといて。」と言われ、「そしたらサンタ来るかもわからんなー。」と言いながら、お金を引っ込めた。

夜中に各部屋を開ける人物がいた。
どうもサンタが来ていたらしい。
これで自分のこづかいが減らずに済んだ。
サンタさん、ありがとう!

お気軽にコメントください

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。