KAWAKITA MONTHLY【第113号】


◆◇◆◇今月の格言(?)◆◇◆◇

 

「 教育で人は変わらない!
    必要なのは『在りたい姿』を持っているかどうか! 」

お客様に「御社のスタッフさんはよく教育されていますね」とお褒めの言葉をいただくことがよくあります。非常に嬉しいしありがたいことですが、それは決して教育をしたからではなくそれぞれ個人の持っている資質が評価されていると思っています。

数年まで、誰でも研修などの教育を積み重ねれば人は変わり成長するものだと思っていました。研修費もある人に「利益が出ていないのにこういう費用は使うべきでない」と忠告されても意味があると思って使い続けてきました。

結果はというと、せっかくお金と労力をかけても、辞めていった人の数の方が多く、その人達にとっては何の意味もないものになりました。

そもそも人は自分のやりたいことは放っておいてもやりますがやりたくないことはやらないか、やったとしても嫌々やります。 教育も同じで、いくらいいことを言っても、こういうことが身につけば人として成長できると思って助言しても、本人にその気がなければ、何度言おうが教えようが、身にはついていきません。

もちろん子供のような素直さがあれば、どんなことからでも学ぶことができ、年令関係なく変わることができますが、問題のある人ほど、素直さがないのが現実です。

結局大切なのは、その人自身のありたい姿とこちらの求めているものが一致するかどうか。あまり考えてこなかったから意識してなかったけど言われてみればそうなりたい、というものを持っていればオッケーです。

本人の在りたい姿を明確にしてあげる、見えてきたらそうなれるようにサポートしてあげることは必要ですが、目指すものが違う人を教育で変えることはできないし、そこに時間を使うくらいなら合う人に出会うことに労力をかけた方がいいと思います。

最近はうちのことを理解して、そういう会社で働きたいという人と出会う確率が高くなってきたので、目指す姿が一緒の人、共感し合える人達の集団として強化していきたいと思います。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇◆◇今月のオススメの一冊◆◇◆◇

 

「雑草という戦略」

先月のマンスリーでは芝の張替えをしたという話を書きましたが、毎週休みになると雑草の処理をしています。会社の周りも草刈りをしていますが、抜いても刈っても除草剤をまいても、次々と生えてくる雑草ってある意味すごいなと思っていたら、こんな本に出会いました。

サブタイトルとして「予測不能は時代をどう生き抜くか」と書かれていたので余計に興味を引きました。

雑草というとしぶとく強いというイメージがありますが、生き残るためにはそれぞれの雑草独自の戦略があります。その戦略は我々中小企業の経営にも通じるものがあります。

「どうしたら生き残ることができるのか」が雑草にとっても我々にとっても大きなテーマで、生き残るためには逆境を活かして繁栄や成長につなげることが重要です。

雑草の戦略に学ぶところが大いにあると思える一冊です。

「雑草という戦略」

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453405792X/kawakitaexpre-22/ref=nosim

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

↓↓↓↓今月のニュースレター↓↓↓↓

http://www.kawakita-express.co.jp/news/monthly202009.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます!
カワキタエクスプレスの川北辰実です!

今年は梅雨が長かったので夏が短いと思っていましたが8月に入ってからは晴天の時が多く、今も暑いので思っていたより夏らしさを満喫することができました。

9月に入ると年末まであっという間なので残暑を楽しみながら、今年の締めくくりの準備を少しずつ始めていこうと思います。

今月もあなたにとって最高で最幸の月でありますように!
今月も楽しんでいくぞー!おー!!!!!

今月もよろしくお願いします!

お気軽にコメントください

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。