仲良くするには努力が必要

仲のいい集団と仲の悪い集団の違いって何でしょう?喧嘩が多い:少ない、お互いの悪口を言う:言わない、助け合う:助け合わない、あいさつをかわす:かわさない、色々あると思います。

お互いが言いたいことも言えずに我慢するというのはどうでしょう?相手に合わしてばかり気を使ってばかりいるのはどうでしょう?

逆に、相手のことを考えずに言いたいことだけ言う、相手のことは無視して自分のやりたいようにやる、というのはどうでしょう?

いい人ばかりがいれば仲がいいという訳ではありません。仲のいい集団を作るためには、お互いのことを気遣い、思いやりながらも、自分の中に何も溜めずに、自分の気持ちは相手にちゃんと伝えられるということが大切です。

会社という組織での仲の良さというのは、何もみんなが同じように遊ぶ訳でも、同じ趣味を持つ訳でもありません。

他の人や会社の悪口や陰口を言うこと・思うことはなく、お互いの違いを理解して、お互いを承認して認め合えている集団が、仲のいい集団だと思います。

そうあるためには、それぞれに努力が必要です。ちょっと気持ちがのらなくても明るく振る舞う。笑顔を心がける。人に迷惑をかけないようにする。相手が元気がないようなら声をかけてあげる。そんな積み重ねが必要です。

最初のうちは無理に意識しなければいけないかもしれませんが、意識して努力しているうちにそれが自然な態度や振る舞いになっていきます。

誰にも分け隔てなく同じように接していきましょう。


 

 

ドライバー募集     http://www.shigoto-damashii.com/

トラックチャーター便  http://www.truck-charter.com/

三重・引越       http://www.mie-hikkoshiyasan.com/

鈴鹿・亀山・引越   http://www.hikkoshisurunara.com/